Nottaという文字おこし&翻訳アプリ

makuakeにてLangogo Summitというクラウドファンディングが始まった

どんなものか調べて見ると、ソフトウェア部分NottaはWeb経由でもつかえ、もちろんiOS用アプリAndroidアプリが出ている汎用のアプリケーションを利用しているようだ。

この専用端末を使う利点としてはマイクが4つついてて集音に特化している、という点ぐらいのようである。

専用端末使っても、音声→文字の動作にはネットワーク接続が必要なようなので、ちょっと微妙感…

まずは、パソコンで再生したyoutube動画の音声をスマホ上で起動しているNottaに読み込ませてどうなるか検証…

十分そうではある。

TASCAMの4チャンネル録音のDR-40Xとか、2チャンネル録音のDR-07XやDR-05で録音したものをあぷりにくわせても良さそうな感じで…

Oracle CloudのシェイプにAMDとかがあった

ngnixでwordpressのサブディレクトリタイプのマルチサイトを動かす設定

適切な「COCOA」もしくは「新型コロナウイルス接触確認アプリ」が見つかりません

MariaDBをバージョンアップした

MariaDB が10.1で、そろそろサポートが終わりそうなので、アップデートした。

ただし、yum updateではmaria-db-serverへのアップデートは適用されず、古いバージョンを削除して再インストールし、サービス起動後、mysql_upgradeコマンドを実行、という手順を行う必要があった。

Oracle Autonomous Linux 7.8へのレポジトリ追加が分からない

Oracle CloudのTOKYOリージョンでFree tierを作成できたので、Oracle Autonomous Linuxで遊んでみているが、資料がないため、よく分からない点が多い。

まずログイン時に出てくる「sudo al-config -T [topic OCID]」を実行するための前準備がわかりにくい。

最終的には「Getting Started: Deploying and Configuring Oracle Autonomous Linux on Oracle Cloud Infrastructure」に書かれている手順をやった感じになった。

いまも分からないのが、標準以外のソフトウェアレポジトリを追加してもいいのか?という点。

ふつうのOracle Linux 7.8では使えるレポジトリ群がないので、php 5.4.16/mariadb 5.5.6と古い。

レポジトリ追加はできなくはないけど、それをやってパッケージを追加した後のAutonomous Linuxの動作ってどうなるの?という資料が見つからない。

やっていいんだろうか?