AndroidのgmailアプリでExchangeサーバ接続が使えなくなった

Androidのgmailアプリが2019/11/08更新の2019.10.20.278647676.releaseになってからExchageサーバに接続しようとすると「アカウントを追加できません」「Gmailのセキュリティ設定が、IT管理者が設定したセキュリティよりも強化されています。IT管理者にお問い合わせください」とのエラーを出すようになった。

下記ではExchange互換サービスのSOGoを使っている場合としているが、その後、純正Exchangeサーバでも発生していると判明。

何が悪質って「IT管理者」側の問題じゃないのに、こんなエラーを出してくるというところ。

現状、だとIMAP取得に変更して回避するしかない状況・・・

QNAP Hybrid Mountを使うとOneDriveやAmazon S3をローカルNASとして使える

オブジェクトストレージも対応というけど、ファイルへのマッピングはQNAP がやってくれるのかな?

showroomの配信手法が変わった

showroomがさらなる低遅延の配信を行うために試験放送をやる、というので確認してみた・・・

いままでは低遅延表記の「Real Time Messaging Protocol(RTMP)」と「HTTP Live Streaming(HLS)」で配信されていた。

しかし、RTMPはAdobe Flashベースなので最近の世の中では使いにくい。

このため、「Low Latency HLS」というHLSを低遅延化したものを使うようにしたようだ。

参考資料「DeNAの大規模ライブ配信基盤を支える技術」(2018/02/14)

showroomはDeNAのサービスの1つで、上記資料でも触れられている。RTMPが使えなくなることに対する対応として、HLSよりさらに細かい単位時間に動画を区切って配信するLHLSを試行中、という話が載っている。

これがshowroom配信全体にも適用していく、ということのようだ。

ムームーDNSのエントリ削除がわかりにくい

ムームードメインで取得しているドメインのDNSサーバをムームーDNSのカスタム設定でやっている。

この度、サーバ変更に伴う整理で不要になったエントリを削除しようとしたら分からない

画像

削除できるような感じの操作が見当たらない。

ヘルプを見ても書いてないのでぐぐってみたら「ムームードメインでサブドメイン用の種別Aレコードを削除する方法(カスタム設定のセットアップ情報変更)」というのを発見

消したいエントリの行を下記の様に変更して保存すればいい、とのこと

画像

そんな馬鹿な・・・と思いつつやってみると確かに消えた。

というかヘルプにかいとけよ。

AWS障害のログ

IPv6を有効にした状態でgmailサーバ宛にメールを送るときに逆引きホスト名設定が必須

gmailのユーザ宛にメールを送ったら下記の様なエラーメールになった。

<ユーザ名@gmail.com>: host
    gmail-smtp-in.l.google.com[2404:6800:4008:c04::1b] said: 550-5.7.1 This
    message does not have authentication information or fails to pass 550-5.7.1
    authentication checks. To best protect our users from spam, the 550-5.7.1
    message has been blocked. Please visit 550-5.7.1
    https://support.google.com/mail/answer/81126#authentication for more 550
    5.7.1 information. 10si1914162pgp.78 - gsmtp (in reply to end of DATA
    command)

これは、送信に使用したメールサーバのIPv6アドレスについて、PTRレコード(逆引きホスト名)が設定されていないことにより発生していた。

解決策は2つ

その1:IPv6の逆引きホスト名を設定する

その2:IPv6でメールを送らないようにする(IPv4のみを使うようにする)

LINE/WhatsAppみたいなものを自前でやるKontalk

「https://github.com/Kickball/awesome-selfhosted」にあるOSSでいろんなサービスを実装するための一覧を見ていたら、WhatsApp代替としてKontalkなるものが紹介されていた。

ただ、こいつ、電話番号をIDとして使うようなのがちょっと微妙感

Reality Liveをstreamlinkで見る

林檎様がRealityでこっそり配信しているとかいうので、気になって調べて見た。

最初、Android/iOSアプリからじゃないと視聴できないと思っていたのだが、twitterを検索すると、いくつか配信URLが投稿されている。

どうやら配信者がURLを投稿した場合は、PCブラウザからでも視聴できるようだ。

とりあえずPowerShellでコンテンツ取得して必要なURLを取り出し、streamlinkに食わせるというPowerShellを組んだ。

ただ、元となる配信URLをどうやって取得するのかが一般化できないので、とりあえず未公開。

アメリカの子どもケータイGabb wireless

音声とSMS、カメラしか使えないという子ども向けケータイサービスGabb wirelessというアメリカのサービスがクラファンをやっている。

Indiegogo:「Gabb Wireless – Safe Phones for Kids

金額的には達成しているんだけど・・・月25ドル出して買うようなものなんだろうか??


2019/08/21

8月16日からユタ州でサービスが開始されたらしい。

それにあわせて公式ページ「gabb wireless」もオープンした。

ユタ州以外については9月中までに順次、ということになっているようだ

Windows Server上でIISを使ったWordPressサーバを作る

途中まで書いたところで、書く場所を間違えていたことに気がつくなど・・・移植面倒だからこのままでいいや


Windows Server上でIISを利用したWordpressサーバを立てるという話、既存の書いてある情報がイマイチだったので、実際に試してみた。

結論的なところ

・インストールはWeb Platform Installer 5.1を使うと、phpインストール、IISインストールとポート80番で公開するためのIIS設定も含めてやってくれる

・php 7.1.25(x86)がインストールされるがプログラム一覧には出てこない

・MySQL Server 5.1とMySQL Connector Net 6.9.7がインストールされ、こちらはプログラム一覧に出る

・WordPress 5.0.3がインストールされた(2019/05/24時点)

・WordpressのWeb管理画面からのアップデートは難しい

・php,MySQL Serverのアップデートは自分達でなんとかする必要がある。

設定手順

その1: Windows Serverのセットアップ

Windows Serverを適切にセットアップする。

その2:Web platform Installerを実行

Microsoft Web Platform Installerを入手する。

「Install this extention」のリンクをクリックするとv5.1用のセットアップがダウンロードできるので、実行する。

スタートメニューに「Microsoft Web Platform Installer」が追加されるので、実行する。

まずは下記ような「スポットライト」のところが表示される。

右上の検索ウィンドウに「wordpress」と入れて検索する。

表示される「WordPress (英語)」を「追加」する。

「インストール」をクリックすると、これからインストールするMySQL Serverの管理ユーザrootにつけるパスワード入力を求められるので、パスワードを入力する。

次に下記の様な「前提条件」と「直接ダウンロードリンク」なんてのが表示されるので、一瞬手動でインストールしなきゃいけないの!?とか感じるけれど、これはMicrosoft製品じゃないものをインストールすることによる確認のため。

「同意する」を選んで進める。

必要なファイルのダウンロードとインストールが開始されます。

IIS上のどこにWordpressを登録するかを指定します。

WordPress上で使用する各種パラメータを設定します。

「続行」をクリックするとWordpressがインストールされます。

セットアップが完了し、インストールされたものの一覧と、WordPress用に作成されたMySQLデータベースの名前/ユーザ名/パスワードを確認します。

その3 インストール後の状況

インストール後、スタートメニューにはこんな感じでプログラムが増えます。

プログラム一覧には以下の様になります。(vSphere環境上なのでVMware Toolsがいます)

その4 WordPress初期セットアップ

「http://IPアドレス/wordpress/wp-admin/install.php」にアクセスし初期セットアップを実行します。

MySQLデータベースへの接続設定は完了している状態なので、管理者ユーザ名とパスワード、メールアドレスの登録となります。

その5 追加設定

標準設定の場合、個別記事へのリンクが正常に動作しません。

[設定]-[パーマリンク設定]の「共通設定」にて「基本」に変更することが最も設定が面倒くさくない対応となります。

アップデート問題

WordPressのアップデート

WordPressのWeb管理画面にアクセスすると、以下の様にWordPressのアップデートが検出されます。

しかし、更新しようとすると、下記の様にftpによる接続情報が求められます。

IISのftpサーバ機能を有効にするという手もあるんでしょうけど、アップデートのためだけに有効にするのもリソースの無駄遣い。

CLIによるアップデートで対応できます。

WP CLI」というコマンドラインでWordPressをアップデートするためのツールが提供されているのでそれを利用します。

標準設定のままWordPressをインストールすると「C:\Inetpub\wwwroot\wordpress」にWordPressがインストールされています。

で・・・WP CLIのページからwp-cli.pharをダウンロードして適当な場所に置きます。

コマンドプロンプトを開いて「cd c:\inetpub\wwwroot\wordress」に移動したあと

「php C:\User\Administrator\Downloads\wp-cli.phar core update」と実行すると、WordPress本体がアップデートされます。

プラグインのアップデートは「 php C:\User\Administrator\Downloads\wp-cli.phar plugin update –all」で行います。

テーマのアップデートは「 php C:\User\Administrator\Downloads\wp-cli.phar theme update –all」です。

このほか、翻訳のアップデートがある場合は「(略) language core update」「 (略) language plugin update –all」「 (略) language theme update -all」を実行します。

phpのアップデート

インストールされたphpはphp 7.1.25 MSVC14 x86だった。

php公式の「Windows版ダウンロードページ」にはphp 7.1.xの最新版として7.1.29がある。

このうち「VC14 x86 Non Thread Safe」が元々インストールされていたもののにあたる。(なお、 VC14 x86 Thread Safe の方は「ZTS MSVC 14 (Visual C++ 2015) x86」という表記となる)

phpはインストーラ形式ではないため、zipを展開し、「C:\Program Files (x86)\PHP\v7.1」にインストールされているものと中身を入れ替えることで、アップデートとなる。

MySQLのアップデート

MySQLの 「Windows版ダウンロード」から「mysql-installer-community-???.msi」のファイルをダウンロードしてインストールすればアップデートされそうだったのですが、エラーでMySQL Serverのアップデートは失敗。

MySQL Connectorのみアップデートできました。

なお、「Windows (x86, 32-bit), MSI Installer」とダウンロードページにありますが「Note: MySQL Installer is 32 bit, but will install both 32 bit and 64 bit binaries.」とも記載されているようにダウンローダが32bitなだけとなります。

「Reconfigure」をクリックしたらエラーになってしまいました。

エラー内容は「Bug #81594 installing error “Package has already been queued”」と同じでした。