Google抜きのAndroid GrapheneOS

Google抜きのAndroidとして「/e/」というのをMi4に入れて使ったりしている。

似たようなもので「GrapheneOS」というのがあるようで、PinePhoneで使えるAndroidであるGloDroidの変更履歴に名前が登場していた。

GrapheneOSは「CopperheadOS」という商用OSとしての展開をしてたけど、プロジェクトが乗っ取られたので自分でGrapheneOSとして運営する、ということになったらしい。

Nottaという文字おこし&翻訳アプリ

makuakeにてLangogo Summitというクラウドファンディングが始まった

どんなものか調べて見ると、ソフトウェア部分NottaはWeb経由でもつかえ、もちろんiOS用アプリAndroidアプリが出ている汎用のアプリケーションを利用しているようだ。

この専用端末を使う利点としてはマイクが4つついてて集音に特化している、という点ぐらいのようである。

専用端末使っても、音声→文字の動作にはネットワーク接続が必要なようなので、ちょっと微妙感…

まずは、パソコンで再生したyoutube動画の音声をスマホ上で起動しているNottaに読み込ませてどうなるか検証…

十分そうではある。

TASCAMの4チャンネル録音のDR-40Xとか、2チャンネル録音のDR-07XやDR-05で録音したものをあぷりにくわせても良さそうな感じで…

F-DroidストアにChromiumベースのブラウザBromite登録される

AOSPのみのAndroidにはGoogle Play Storeが入っていないので、何らかの手段で入手する必要がある。

Firefox(もしくはfennec)は見つけやすいが、Chromiumベースのブラウザが見つけにくい。

F-DroidストアにBromiteというのが登録されたとのこと。

あと、Chromiumをコンパイルしただけというvanilla Chromiumというバージョンもあるようで

Mi4にProject Treble対応ファイルを書いてGSIイメージを起動してみるテスト(失敗

以前ダウンロードしてあったAndroid 9のGSIイメージは起動したんだけど、最近のAndroid 9,10は起動しないな…

ラズパイ4上のAndroidとTWRP起動

ラズパイで動くLineage OS 17.1ベースのAndroidが出て、TWRPも動くらしい。

どうやってブートローダ切り替えするんだろう?と思ったら、1回Androidを起動してからshellを実行してブートし直す、という手法をとっていた。

Rock Pi 4C