ドンキの小型PC Nanoteに新モデルNanote P8登場!

ちょうど1年前に話題になったドンキの19800円ミニPC Nanoteに新モデル Nanote P8登場

プレスリリース
商品ページ

プレスリリースと製品ページで使ってる写真が旧モデルのものと酷似しすぎていて、正しくNANOTE P8を表しているのか謎ですが、今回はCPUがPentium N4200となりメモリも8GBと順当にパワーアップを実施しています。

N4200というアップグレードオプションは、Peakagoというクラファンで上位モデルが採用するといってたやつだったりもします。Peakago ProはWiFiもアップグレードする予定だったけど、NANOTE P8は2.4GHzのみの据え置き、になっているのはちょっと残念な点です。

画像

このモデルの欠点としては、ストレージが64GBしかなく、eMMCなのでアクセスが遅い、というあたりですかね。

はたしてどんな感じになるのかどうか

PeakagoというGPD Pocketのバージョンアップ的モデル


12月にクラファンが締め切られたあと、1回もアップデートがないので、コメント欄に不満が書き込まれていましたが、謎のURLが投下されていました。

まぁ、ぱっと見同じやつですね。

1000台発注時に1台あたり$118とかいってますね。


そんなこんなしているうちにドン・キホーテからNANOTEという同等品が販売されてしまうという・・・それに対してPeakagoの方は2020/05/29時点でも逃亡中

2020/11/28時点でも状況に変化はない


2021/03/08追記

N4200アップグレード版発注者にZ8350搭載機が届き始めた模様。



2021/04/20追記

なんと、ドンキホーテからPeakago Proで使われる予定だったN4200を積んだ新製品NANOTE P8が32800円で販売開始されました。

こちらはWiFi 2.4GHzのみで、5GHz帯サポートは入ってないようです。

インテルx5-Z8300搭載のラズパイ互換形状のRock Pi X

x5-Z8350を積んだラズパイみたいなボードAtomic Piの投げ売り

Mini PCってどうなるんだろ?

2年前あったGOLE1とほぼ同じ筐体で各種スペックアップしたものが149ドルっていうんだけど、大丈夫なのかなぁ?
差分
・CPU Z8300→Z8750
・メモリ 2GB→8GB
・ストレージ 32GB→128GB
・microUSB→Type-C
・WiFIアンテナコネクタあり→無し
・前面の+/-キーあり→無し

ちょっと設定価格が安すぎるのがなぁ・・・

筐体に時計表示がついているWindowsパソコン

円筒形をしたWindowsパソコンの筐体に時計を表示するディスプレイがついている

oBook10のRemix OSとWindows10のデュアルブートモデル登場

Ondaは、Remix OS搭載のタブレット機として「Onda V96」($122.97)というAllwinner A83T搭載のタブレット機や、「Onda oBook 10 SE」($132.89)というIntel Z3735F搭載の2 in 1タイプのタブレット機を出してきていました。

そこに、今回、新ラインナップとして「Onda oBook 10」($177.31)というIntel Atom x5-Z8300搭載の2 in 1タイプが登場。

いままではRemix OS単体搭載だったものが、今回はWindows10とRemix OSのデュアルブートです。

RAM 4GB/ストレージ 64GBで$177.31というのは、いい感じなのですが、解像度が、1280×800というのが不満ポイント。

これだったら、ほぼ同スペックでWindows10+Androidのデュアルブートモデルの「Teclast Tbook 11」の方が、解像度が1920×1080で、$175.49なので、魅力度合いが・・・

8インチ1920×1200のWin10/AndroidタブレットTeclast X80 Proが$83.99

GearbestでTeclast X80 Proが$83.99と、安くなっていた。

8 inch Teclast X80 Pro Tablet PC – WINDOWS 10 + ANDROID 5.1 WHITE
teclast-x80pro

スペックとしては、Atom X5-z8300搭載の普通のWIn10/Androidタブレットなので、RAM 2GB/ストレージ32GBとなっている。
特徴はやはり解像度が1920×1200というところ。

この価格で、この解像度、というのは、安いので、いい感じじゃないですかねぇ?

ちなみに後継機の「Teclast X80 Power Tablet PC 」というやつは $103.99 です。
これは、筐体が金属製になり丈夫になったもので、それ以外はほぼ同じです。
(Proは厚さ5.5mm→Powerは厚さ7.2mm)