特集みんなのうた 30年~787曲の思い出~

今日、NHKで「みんなのうた60スペシャル ~60年イヤースタート!~」という55分枠の特番が放送される。

「みんなのうた60スペシャル ~60年イヤースタート!~」
2月27日(土)[Eテレ]後7:00~7:55
【司会】井ノ原快彦・林⽥理沙アナウンサー
【出演】上白石萌音、古坂大魔王、ヒャダイン、森山良子
【コメント出演】角松敏生、財津和夫、水野良樹
【コーナー出演】阿部 涉アナウンサー

で、手元には30年前の1991年に放送された「特集みんなのうた 30年~787曲の思い出~」を録画したVHSテープがある。

30年前はどんな番組内容だったのかを確認してみたところ、下記の様な内容になっていた。


00:00 おお牧場はみどり 全員合唱


00:43 スシ食いねェ 忍者

02:25 おとぎの国のBirthday 晴山さおり


「不思議な夢が叶うの~」・・・と歌って、さぁ、というところで次の曲、という展開

03:20 歩いて行こう 相原 勇


04:19 おお牧場はみどり の続き


04:39 司会登場/OPトーク 山川静夫/松居直美


06:34 みんなのうた全787曲リスト登場

みんなのうた ベスト3発表
07:28 北風小僧の寒太郎 田中星児


09:26 山口さんちのツトム君 オリジナル映像&歌


09:57 一円玉の旅がらす 晴山さおり


11:20 トーク

歌い手・子育てなど悪戦苦闘しながら全国コンサートとかやってたそうで

みんなのうたに対するイメージを聞く

指揮者として「山本直純」さんが登場して、作詞を担当していたみんなのうたについて聞く

14:00 夕日が背中を押してくる 児童合唱団


15:10 勇気一つを友にして 森みゆき+児童合唱団


16:19 パンのマーチ ペギー葉山+児童合唱団


17:26 切手のないおくりもの 平松混声合唱団


18:35 トーク 30年での歌の移り変わり

最初の10年のテーマ:友達、みんなで、仲間
次の10年で増えてきたテーマ:私、あなた、ひとり
そして:大きな、宇宙

最初のみんなのうたは外国の曲を使っていた、という話

外国からの曲セレクション

20:14 オブラディ オブラダ 忍者


21:21 調子をそろえてクリック・クリック・クリック 相原 勇+森みゆき+晴山さおり

22:10 一週間 ダーク・ダックス+荻野目洋子

23:02 ドレミの歌 ペギー葉山+児童合唱団


24:19 トーク みんなのうたの思い出 市川森一/海老名香葉子

28:59 線路はつづくよ どこまでも 市川森一+児童合唱団

30:30 おもいでのアルバム ダーク・ダックス


32:45 トーク: アニメについて(アニメ動画がついてる歌、という意味)

34:00 ジャングルダンス 荻野目洋子


オリジナル映像&歌を短く紹介ゾーン
36:17 あわて床屋 (みんなのうた 第1回放送より)


36:42 はさみとぎ

キャプションに「昭和40年4月,5月の放送です」(昭和40年/1965年)と書いてあるけど、それはモノクロ版のはずで、このカラー版は昭和49年(1974年)版のようです。


37:03 南の島のハメハメハ大王


37:23 コンピューターおばあちゃん


37:42 赤鬼と青鬼のタンゴ

38:03 トーク それ行け3組
 世田谷区烏山北小学校の生徒で作った歌で、
 オリジナル映像に登場してるのは当人
 成人になった当事者にインタビュー

先生

元児童

どこの小学校でもやっている「おはようございます」の挨拶が面白くない
歌で挨拶できないか?と作詞を(5年3組内で)募集した。
14作品集まり、その中で桑嶋賢二が作ったものが採用された。
桑嶋君は高1で交通事故で亡くなってしまった。

(先生が指さしている左手間の子供が桑嶋くん)
桑嶋くんはみんなのメロディーで発表されてから困っていた。というのは自分で作ったのは1番だけで、2番はみんなで作っていたのに「作詞:桑嶋賢二」と出てしまう、ということ。


作曲を担当した中村さん

43:43 それ行け3組 当事者+児童合唱団


44:57 ぼくらの町は川っぷち 児童合唱団


46:00 地球を七回半まわれ 児童合唱団


47:15 手のひらを太陽に 児童合唱団


48:58 トーク


「みんなのうた で歌いたいなぁ」という松居直美さん
翌年の1992年「なっとうダ!」と1993年「イルカ・ラ・バンバ」を歌えたようです

50:15 ありがとう さようなら 森みゆき+田中星児+全員合唱


51:42 宇宙はたのしいフェスティバル 全員合唱

児童合唱団は場面により担当が異なるが詳細不明。クレジットは下記
放送児童合唱団,杉並児童合唱団,西六郷少年少女合唱団(これはたぶんオリジナルのそれ行け3組),ひばり児童合唱団

IIJmio ファミリーシェアプランユーザがIIJmio ギガプランに移行してもいいのか試算

IIJmioギガプランでは、IIJmioファミリーシェアプランにおける音声通話オプション+700円、SMS機能+200円の価格が変わったことになる。

IIJmioファミリーシェアプランの4枚目以降の追加SIMという観点での費用を考えると下記の様になる

 音声SIMSMS(D)データ(A)SMS付データ(D)
ファミリーシェア1100円540円400円400円
ギガプラン780円750円750円680円
-320円+210円+350円+280円

(D)がドコモSIM、(A)がau SIM契約を表します

1枚で切りだしてしまうと、音声SIM契約が少ない場合は利点がない、ということになる。

うちでは5枚のSIMがあるけど音声通話は契約していないので3666円という請求が来ている。

画像

この契約をIIJmioギガプラン2GB*5回線に置き換えると750円*3+680円*2=3610円となる。(au回線のデータがあるのでSMS契約が1つ増える)

そしてデータ容量は12GB→10GBと減る。-2GBに対する対価が30円というのは微妙過ぎる結果。(1GB追加オプションが200円)

じゃあ、どんな感じなら、新プランでお得なのか試算してみると、音声契約があれば安くなる、という感じになった。

以下は試算結果

 ファミリーシェアギガプラン
データD*5枚3360円(12GB)3400円(10GB)
データA*5枚3360円(12GB)3750円(10GB)
SMS*2枚,データA*1枚,データD*2枚3640円(12GB)3610円(10GB)
音声*1枚,データD*4枚4060円(12GB)3500円(10GB)
SMS*5枚4060円(12GB)3750円(10GB)
音声*1枚,SMS*2枚,データD*2枚4340円(12GB)3640円(10GB)
音声*3枚,SMS*2枚5740円(12GB)3840円(10GB)
データD*6枚3760円(12GB)4080円(12GB)
データA*6枚3760円(12GB)4500円(12GB)
SMS*2枚,データD*4枚4040円(12GB)4220円(12GB)
SMS*3枚,データD*3枚4180円(12GB)4290円(12GB)
SMS*4枚,データD*2枚4320円(12GB)4360円(12GB)
SMS*5枚,データD*1枚4460円(12GB)4430円(12GB)
音声*1枚,データD*5枚4460円(12GB)4180円(12GB)
SMS*6枚4600円(12GB)4500円(12GB)
音声*1枚,SMS*3枚,データD*2枚4880円(12GB)4390円(12GB)
音声*3枚,SMS*3枚6280円(12GB)4590円(12GB)

ドコモデータSIMのみ5枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円2枚=3360円、容量12GB
ギガプランデータ専用SIM 680円5枚=3400円、容量2GB*5=10GB

データSMS SIMのみ5枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円2枚+SMS追加 140円5枚=4060円、容量12GB
ギガプランSMSつきSIM 750円*5枚=3750円、容量10GB

音声契約1枚+データ 4枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円2枚+音声追加 700円1枚=4060円、容量12GB
ギガプラン音声SIM 780円1枚+データSIM 680円4枚=3500円、容量10GB

音声契約1枚+データ/SMS 2枚+データ 2枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円2枚+音声追加 700円1枚+SMS追加 140円2枚=4340円、容量12GB
ギガプラン音声SIM 780円1枚+SMSつきSIM 750円2枚+データSIM 680円2枚=3640円、容量10GB

音声契約3枚+データ/SMS 2枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円2枚+音声追加 700円3枚+SMS追加 140円2枚=5740円、容量12GB
ギガプラン音声SIM 780円3枚+SMSつきSIM 750円*2枚=3840円、容量10GB


ドコモデータSIMのみ6枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円3枚=3760円、容量12GB ギガプランデータ専用SIM 680円6枚=4080円、容量2GB*6=12GB

データSMS SIMのみ6枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円3枚+SMS追加 140円6枚=4600円、容量12GB
ギガプランSMSつきSIM 750円*6枚=4500円、容量12GB

音声契約1枚+データ 5枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円3枚+音声追加 700円1枚=4460円、容量12GB
ギガプラン音声SIM 780円1枚+データSIM 680円5枚=4180円、容量12GB

音声契約1枚+データ/SMS 3枚+データ 2枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円3枚+音声追加 700円1枚+SMS追加 140円3枚=4880円、容量12GB
ギガプラン音声SIM 780円1枚+SMSつきSIM 750円3枚+データSIM 680円2枚=4390円、容量12GB

音声契約3枚+データ/SMS 3枚で計算
ファミリーシェア基本料2560円(SIM3枚含む)+追加SIM400円3枚+音声追加 700円3枚+SMS追加 140円3枚=6280円、容量12GB
ギガプラン音声SIM 780円3枚+SMSつきSIM 750円*3枚=4590円、容量12GB

KaiOSと派生のGerda OS

ATOK for Windows ver32提供開始