Android Goエディションのスマホ

データ容量を削減しているAndroid Go Editionを搭載したスマホがなかなか入手可能にならない。

で・・・最近ようやく2件発見
Cubot J3、Cubot J3 ProとBlacview A20

ただ、RAM 1GB/ストレージ16GBというスペックのわりにお値段が高めな感じで・・・
もうちょっと安くなんないかなぁ

Orange Pi 4G IoTは画面のないスマホ感

Orange PiからLTE接続できるボードが出てくる、というので楽しみにしていたら、MediaTek SoCのMT6737M搭載で、しかもAndroid 6.0のみだったという件について・・・

画面のついてないスマホじゃん・・・

BPIのMT6737M搭載の腕時計の基板

BPIのフォーラムにMediaTek MT6373M搭載の腕時計用基板が公開されていた。
China Mobile向けの認証は通っているらしい。

中華SoCメーカのMediaTekとSpreadtrumが共にGoogleのGMS Expressパートナーに

中華SoCメーカのMediaTekとSpreadtrumが共にGoogleのGMS Expressパートナーになったようで。
あとは、セキュリティパッチの提供が本当に行われるかどうかなんですが・・・

VOYO i8Plus

VOYO i8Plusという10.1インチ 1920×1200のAndroidタブレット

200.33ドルだけど、SIMスロット、ホントにあるのかな?

12000mAhのバッテリーを載せたスマホDoogee BL12000

ASUSとかだと5000mAhで大容量とか行ってますが、そこは3年前のElephone P6000(6000mAh)で通り過ぎたところ
いまはそこからさらに増え、12000mAhという領域に!!!

3Gスマホにも18:9比率の波

LTEだけではなくWCDMA(3G)スマホにも18:9比率のディスプレイの波が来てますね。

各中華スマホメーカからでてますが、日本で買ってもまぁ使えるかな?という3GスマホはRAM2GBのLeagoo M9ですかねぇ

Cubot Magicというスマホ、RAM3GB搭載で$105.99

先月末は$89.09だったけど、RAM3GB積んでるのに16GBしかないというのは用途が微妙だなぁ・・・と見送ってしまったよ・・・

MT8173搭載のAcer Chromebook R13 4GB/64GBモデルの日本への配送が可能になったけど$483.93は微妙だなぁ

アメリカでAcer Chromebook R13ってのは、しばらく前から販売中。
ただし、Amazon.comでは、日本への配送ができなかった。

それが、いつの間にか、日本への配送が解禁されていた。

ただ・・・値段が微妙ラインだなぁ・・・

Pison ReturnsをうたうGemini PDAがクラウドファンディングで登場。ただし実現性が???

個人的には真偽不明な情報の産地と認識してるThe registerで「The Psion returns! Meet Gemini, the 21st century pocket computer」という記事が出ていた

Pisonを現代によみがえらす、的なプロジェクトで、5.7インチのAndroidスマホにキーボードをつけよう、というもの

ただねぇ・・・
「2880×1440という解像度の液晶」とか「eSIM」とか採用してるのに、$349って、ほんとかなぁ?って感じが・・・

これが「2650×1440」とか「SIMスロット」とかだったら、現状5.7インチのスマホで存在してるので、MediaTek SoC採用なら$349って価格は現実的なんですけどねぇ・・・

あと、「Android/Linux dualboot」ってあるんですが、Linux要素、ほんとにいるんですかね?という気も・・・

あ・・・まさかMediaTek + Linuxつながりで、Ubuntu Phoneを出したMeizuに生産を委託する、とかだったりしてね


2017/03/03

MWC2017にモックアップが展示されている、というので、どこか見てこないかなぁ?と思っていたところ、インプレスに記事が掲載されました。
Psionの魂を感じる「Gemini PDA」のモックアップを触ってきた

記事で気になったのは以下のポイント

OSにはAndroidを採用するが、Ubuntu Linuxとのデュアルブートも可能。

あくまでLinuxはオプション要素

そして、スペック表に
WCDMA 900/2100MHz
LTE 1/2/3/4/5/7/17/20
と書いてあるから、最低限日本では使える感じだなぁ、と思っていたところに下記のコメントということは、これ以上の帯域は増やさない、という意味なんでしょうね。

また、Wi-Fiモデルは問題ないが、LTE内蔵モデルについては、日本で使われている帯域に対応するのは難しいとのコメントもあった。