ラズパイZero向けGPIO接続のGSM/GPS/Bluetoothボードがアンテナセットで$35.99

ラズパイZero向けのGPIO接続GSM/GPS/BluetoothボードがGPSアンテナ、GSMアンテナセットで$35.99というお値段で販売開始

さすがにWCDMA/LTE対応モデルは、まだ出てこないよねぇ・・・

海外ファミコン(NES)風ラズパイ用ケース

海外ファミコン(NES)風ラズパイ用ケースを発見

ちゃんとそれっぽくなるよう、ラズパイのコネクタをそのまま使うわけではなく、延長ケーブル的に伸ばして別基板を使って外に出すという細工をしている。
なので、$44.99という値段になってるのは納得、という感じ

BananaPi BPI-M2 Berry

BPI-M2 Berryという機種がでた。
既存のBPI-M2とは別のもの。

この機種の特徴、それは「Raspberry」から取った「Berry」の文字列
Raspberry Pi 3の基板サイズ、コネクタ配置をそのままにAllwinner V40/R40を載せたという点。

Amgloc SoC採用のシングルボードコンピュータ Le Potato

9月6日に発送が始まったようです

SoCメーカAmalogic社としてのLinux 関連情報Webの更新速度は微妙ですが、コミュニティ側はちゃんと更新されてるようですね

ラズパイHAT接続のE-Inkディスプレイが$20以下で手に入る

ラズパイZeroに丁度いいサイズのE-Inkディスプレイがとあるショップで4千円ちょいで販売開始

という話を見て、じゃぁ、Aliexpressで売ってるだろうな、と探してみたら案の定・・・

ボタン付きの方が操作パネルっぽく使えるかなぁ?

ラズパイ用SPI接続3.5インチタッチパネル液晶が2300円

Amazonで、ラズパイ用のSPI接続3.5インチタッチパネル液晶が2300円だった。

ただ、SPI接続だと遅く、CPU負荷も若干あるので、結構特定用途に限られてしまう。
また、液晶表示だけなら比較的簡単に使える様になるが、タッチパネル部分がかなり難しい。

普通に使おうとするとHDMI接続が欲しくなる。
そうした場合でも、探してみると2980円でタッチパネル対応のものが売ってたりする。

2500円のラズパイ用UPS!?(ただのバッテリーで連動シャットダウン機能はない)

Dealextremeというサイトで、ラズパイ用の安いUPSが売ってるらしい。(ネタ元: Enclosure & Battery Kit for Raspberry Pi Boards Sells for $22 )

なかなかいい感じに見える。

商品ページで詳細を確認→ Lithium Battery Board + Acrylic Box + Fan + Heat sink + USB Cable Kits

  • 充電用端子: microUSB (つまり5V)
  • 出力用端子: USB 2系統(5V出力)
  • 最大出力:2系統合計で5V 1.8A(つまり2台稼働は厳しい上に、ラズパイ3をフルパワーで回すと足らない)
  • 充電池 3.7V 3800mAh
  • おまけでファンとヒートシンクもついてくる

 

この値段だと連動シャットダウン機能はついてないようだ。

となると、普通のモバイルバッテリーを充電しながら使ってるのと同じような状態ということになる・・・

う~ん・・・微妙かな?