7インチタッチパネル液晶キットのタッチパネル制御基板がバージョンアップ

52piで取り扱っている7インチ1024×600のタッチパネル液晶ですが、タッチパネル制御基板が新しくなったモデル登場

ロジクールのM235を買ってみたらM325と外形ほぼ一緒(若干違う

ロジクールのM325のゴムがとけてきたので、新しいのを買おうかと思ったら、M235が安かったのでとりあえず買ってみた

ホイールが若干M235の方が大きい。
でもM325の方はホイールが左右に傾きボタンとして使える機能がついている・・・が実は1回も使ったことがなかった。

なので、M235でも十分に使えてます

S-3CDEの謎マウス?STV-8S

taobao見てたらS-3CDEというメーカの謎ギミック付きマウスを発見。

メーカページを見に行ってみると、さらに謎デバイスを発見。

携帯みたいな感じの大きさのリモコンみたいなもののようなんだけど、製品説明が無いし、taobaoで販売を開始してないみたい。
これ、いくらぐらいになるんだろうなぁ・・・

ラズパイ用SPI接続3.5インチタッチパネル液晶が2300円

Amazonで、ラズパイ用のSPI接続3.5インチタッチパネル液晶が2300円だった。

ただ、SPI接続だと遅く、CPU負荷も若干あるので、結構特定用途に限られてしまう。
また、液晶表示だけなら比較的簡単に使える様になるが、タッチパネル部分がかなり難しい。

普通に使おうとするとHDMI接続が欲しくなる。
そうした場合でも、探してみると2980円でタッチパネル対応のものが売ってたりする。

Moto Z用のスライドキーボードを作るクラウドファンディング($60)

Moto Z用にスライドキーボードを作るクラウドファンディングを発見。

まぁ、スマホ全体を作る、というよりは、難易度が低いし、
この関係者じゃないけど、似たような発想で自作してる事例はあるから、実現はするんだろうなぁ、と思ってます。


2019/01/09追記

2018年1月頃までにテスト生産版が一部のユーザに届いたようですが、本番製造段階でいろんな問題が発生し、結局キャンセルになりました・・・

キートップが有機ELだから何でも表示出来る1500ドルキーボード

2008年に「Art.Lebedev Studio「Optimus Maximus」 全てのキーが有機EL! 25万円キーボード!」というものがあった。

そういえば、それって、いまもあるのかな?と上記ページにあった「Art.Lebedev Studio」を見てみると、新製品を発見。

コンパクトサイズになったバージョンが1500ドルで販売中、とのこと・・・・・・・

さすがに高いので買えませんが・・・

DATA FROGのWiiリモコン互換機能付きNES風Bluetoothコントローラ

怪しげメーカDATA FROGのAliexpressショップを見ていたら、アメリカのファミコン(NES)風のBluetoothコントローラを発見

ぱっと見は普通だったんだけど、説明を読むと、Wiiリモコンとして使える、という話が・・・

ただ、うちにWiiリモコン互換機が2種類あるんですが、片方はWiiUでは動かないんですよね。
はたして、このNES風コントローラは、WiiUで動くバージョンなのか・・・

中華液タブ/ペンタブメーカ XP-Penからワイヤレスのショートカット登録デバイスが3499円で登場

中華液タブ/ペンタブメーカの1つXP-Penから「Shortcut Remote」という名称のショートカット登録用デバイスが登場です。
型番はAC19であるようです。

AliexpressのXP-Pen公式ストアに並びだしたばかりの新製品なので、まだ使い勝手とかの感想もなし。

製品ページ→「AC 19 Shortcut Remote
マニュアル→「Shortcut Remote
公式ストア→「XP-Pen AC19 Shortcut Remote Express Keys Keyboard for Drawing Display and Drawing Tablet

ドライバのインストールが必要なようだが現状まだダウンロードできない。
各キーへの割り当てはドライバ同梱のソフトにて変更できる。

2.4GHz帯 ワイヤレス
単4電池1本(AAA電池)
裏面に電源スイッチあり
物理キーは3×3に配置された9個
丸いRollerは主に拡大/縮小とかに使う意図があるボタン?
Rollerの真ん中は10個目のボタン

丸いRollerの使い方がいまいち分からない