電子書籍向けのWin10/AndroidタブレットTeclast X89 Kindowが$79.99

先日fastcardtechで購入しようとしたTeclast X89 Kindowですが、なかなか発送されないので問い合わせたら、いまの価格はxxだから、おまえがオーダーした時の価格との差額を払え、とか言いだし、拒否ったらオーダーキャンセルされたという事件がありました・・・・

 

ん~、と思って、Geekbuyingを見てたら、$79.99で売ってるのを発見。

Teclast X89 Kindow 7.5 inch E-Book Reader Tablet Windows 10 + Android 4.4 Intel Z3735F 2GB RAM 32GB ROM Dual OS IPS 1440*1080 – Black

 

モノとしては、ちょっと世代遅れになりつつあるCPUを積んでるけど、そこそこの解像度を持った液晶を積んでいるので、総合的に見るとお得な感じがあります。

 

 

 

 

2500円のラズパイ用UPS!?(ただのバッテリーで連動シャットダウン機能はない)

Dealextremeというサイトで、ラズパイ用の安いUPSが売ってるらしい。(ネタ元: Enclosure & Battery Kit for Raspberry Pi Boards Sells for $22 )

なかなかいい感じに見える。

商品ページで詳細を確認→ Lithium Battery Board + Acrylic Box + Fan + Heat sink + USB Cable Kits

  • 充電用端子: microUSB (つまり5V)
  • 出力用端子: USB 2系統(5V出力)
  • 最大出力:2系統合計で5V 1.8A(つまり2台稼働は厳しい上に、ラズパイ3をフルパワーで回すと足らない)
  • 充電池 3.7V 3800mAh
  • おまけでファンとヒートシンクもついてくる

 

この値段だと連動シャットダウン機能はついてないようだ。

となると、普通のモバイルバッテリーを充電しながら使ってるのと同じような状態ということになる・・・

う~ん・・・微妙かな?

 

CPUがランダムでセレクトされるミニコンピュータ

Aliexpressを見ていたら「2016 New Fanless PC Mini PC Celeron Mini pc win8.1 X30-N2830 2.16GHz Dual Threadsupport linux / win 7 / win8 with Vesa Mount」というものを発見。

2

一見ところ、普通そうに見える。

しかし、商品説明を読むと・・・

CPU is with N2815 or N2830 or N2820 or N2840, Random delivery, if you must with N2830, please send me message when you order

そう、搭載されているCPUがN2815, N2820, N2830, N2840のうち、どれかがランダムで入っている、というもの。

「N2830が欲しい場合は発注時のメッセージ欄にその旨を書くこと」と書いてあるので、書けば必ず「N2830」となるようだが

逆に、「N2840」が入ってくることはあるんだろうか?という感じが・・・

書かなければ、安い「N2815」か「N2820」になりそうな予感が・・・

SSD、メモリ無し構成時は、$91.20という価格で、メモリについては、DDR3 SO-DIMMの1.35V Low-Volt版を使用する、ということなので、まぁまぁなお値段ではあります。

行ってみても面白いのでは?

なお、CPUの違いは下記を参照のこと
Intel® Celeron® Processor N2840 / N2830 / N2820 / N2815の比較

基本的に同じで、Bay Trail (22nmプロセス製造)世代でクロックが違うだけ
特に注意が必要なのはメモリのクロック。
N2840とN2830は、DDR3L 1333
N2820とN2815は、DDR3L 1066
ということ。

OSAKANA TAROの謎メモ開設

これまでOSAKANA TAROのメモ帳としてblogを書いていましたが、このたび、「OSAKANA TAROの謎メモ」という新サイトを開設いたしました。

「謎メモ」の方では、気になった製品についてメモを残していく形となります。これは、twitterで投稿した内容を、あとでまたみたくなった場合に、探すのが非常にめんどくさいということがありまして、検索しやすいようにblog形式にしたいから、という理由となります。

そんなわけで、浅い内容は「謎メモ」

深くやるときは「メモ帳」というような使い分けになっていくかと思います。