Razer Phoneって日本上陸するのかねぇ

Razer Phone、11月ぐらいのアップデートで、各種認証の表示リストに技適が登場したということで、日本上陸が噂されてたけど、結局、くるのかねぇ?

12000mAhのバッテリーを載せたスマホDoogee BL12000

ASUSとかだと5000mAhで大容量とか行ってますが、そこは3年前のElephone P6000(6000mAh)で通り過ぎたところ
いまはそこからさらに増え、12000mAhという領域に!!!

Elephoneからスナドラ搭載スマホがでるとは

ElephoneといえばMediaTek SoCだと思っていましたがSnapdragon 660を搭載したスマホがS9 Pro、S8 Proと2機種も出てくるとは

3Gスマホにも18:9比率の波

LTEだけではなくWCDMA(3G)スマホにも18:9比率のディスプレイの波が来てますね。

各中華スマホメーカからでてますが、日本で買ってもまぁ使えるかな?という3GスマホはRAM2GBのLeagoo M9ですかねぇ

SpreadtrumのARM系SoC SC9832Aを使ったスマホLeagoo Z7登場

先日、Intel AirmontコアのSpreadtrum SoCを使ったスマホLeagoo T5cを買いました → 「Intel Airmont採用の中華SoC Spreadtrum SC9853i採用のLeagoo T5cを使ってみた

Spreadtrumは元々ARM系SoCを作っているのですが、Leagooから、ARM系SoCを採用したスマホ Leagoo Z7が登場しました。

まぁ、元々、MediaTek以下の超低価格向けSoCなので、Leagoo Z7のスペックも、いまどきとしては最小限過ぎますけどね・・・

Samgleというやばい中華スマホメーカ

Samgle」という、いろんな意味でやばいメーカがあるようで・・・

社名どころかロゴまでSamsungのロゴとGoogleのロゴを合わせた感じだし
出してる製品は、どっかで見たことあるようなやつばっかだし
すごいなぁ・・・

通販サイトのgearbestに「Samgleコーナー」ができてて、いくつか並んでますね

10/9の時点ではNOKIA N3310風のやつが50ドル超えてたので、えー、と思ってたのですが、いま見ると$39.99になってますね。

Cubot Magicというスマホ、RAM3GB搭載で$105.99

先月末は$89.09だったけど、RAM3GB積んでるのに16GBしかないというのは用途が微妙だなぁ・・・と見送ってしまったよ・・・

Spreadtrumからセキュリティ強化したスマホ用SoC SL8301が登場?

Spreadtrumの公式Twitterが、「Sunelan X5s」というスマホを紹介するツイートをしていた。

8コアらしいのだが・・・一体何ベースなのか
Coretx-A7のSCC9850からの派生なのか、Cortex-A53のSC9860なのか・・・
さすがにIntel Airmont(x86_64)のSC9861じゃないとは思うけど

Moto Z用のスライドキーボードを作るクラウドファンディング($60)

Moto Z用にスライドキーボードを作るクラウドファンディングを発見。

まぁ、スマホ全体を作る、というよりは、難易度が低いし、
この関係者じゃないけど、似たような発想で自作してる事例はあるから、実現はするんだろうなぁ、と思ってます。


2019/01/09追記

2018年1月頃までにテスト生産版が一部のユーザに届いたようですが、本番製造段階でいろんな問題が発生し、結局キャンセルになりました・・・

Pison ReturnsをうたうGemini PDAがクラウドファンディングで登場。ただし実現性が???

個人的には真偽不明な情報の産地と認識してるThe registerで「The Psion returns! Meet Gemini, the 21st century pocket computer」という記事が出ていた

Pisonを現代によみがえらす、的なプロジェクトで、5.7インチのAndroidスマホにキーボードをつけよう、というもの

ただねぇ・・・
「2880×1440という解像度の液晶」とか「eSIM」とか採用してるのに、$349って、ほんとかなぁ?って感じが・・・

これが「2650×1440」とか「SIMスロット」とかだったら、現状5.7インチのスマホで存在してるので、MediaTek SoC採用なら$349って価格は現実的なんですけどねぇ・・・

あと、「Android/Linux dualboot」ってあるんですが、Linux要素、ほんとにいるんですかね?という気も・・・

あ・・・まさかMediaTek + Linuxつながりで、Ubuntu Phoneを出したMeizuに生産を委託する、とかだったりしてね


2017/03/03

MWC2017にモックアップが展示されている、というので、どこか見てこないかなぁ?と思っていたところ、インプレスに記事が掲載されました。
Psionの魂を感じる「Gemini PDA」のモックアップを触ってきた

記事で気になったのは以下のポイント

OSにはAndroidを採用するが、Ubuntu Linuxとのデュアルブートも可能。

あくまでLinuxはオプション要素

そして、スペック表に
WCDMA 900/2100MHz
LTE 1/2/3/4/5/7/17/20
と書いてあるから、最低限日本では使える感じだなぁ、と思っていたところに下記のコメントということは、これ以上の帯域は増やさない、という意味なんでしょうね。

また、Wi-Fiモデルは問題ないが、LTE内蔵モデルについては、日本で使われている帯域に対応するのは難しいとのコメントもあった。