Beijing LINXという中華圏のLinux

NetBackupの「OS Software Compatibility List」を見ていたら「Beijing Linx Software Corp Linx」の「Linx 6.0 Update 60以降に対応」といった記述を発見。

調べて見ると「北京凝思科技有限公司(LINX-TECH)」という会社で作っているようで「服务与支持 > 软件下载 > 操作系统」で凝思安全操作系统V6.0.42、凝思安全操作系统V6.0.60、凝思安全操作系统V6.0.80のISOがダウンロードできるようだ。

LINXの詳細を探してみると「凝思产品 > 通用产品 > 凝思安全操作系统 > 凝思安全操作系统V6.0.60」というのがあって、CPUアーキテクチャ的にはx86_64,i386,PowerPC(PPC),IA64(Itanium),MIPS,Godson(龍芯/Loongson),SPARCにも対応してるらしい。ソフトウェアパッケージはdeb形式。

また「凝思产品 > 通用产品 > 凝思安全操作系统 > 凝思安全操作系统V6.0.80」を見てみると、kernel 4.9.0で、対応CPUアーキテクチャはx86_64,i386,PowerPC(ppc64el,powerpc),MIPS,ARM(armel,armhf,arm64)に変わっていた。

下のバージョン変化の割りに結構大きな差があるようだ

SolarisのCDE画面

ちょっと確認したいことがあったので、ESXiの上でSolaris10 x86を起動してみたりするなど。

FOSDEM2019関連メモ

mSATAやM.2、mini PCIeからSATAコネクタを取り出す

これを使えばNUCもNASに!?

4ポート以上がオンボードなマザーボード単品

LR-LINKの興味深いNIC集

1GbのSPF+をUSB3.0接続にする。

10GbのSPF+モジュールを2つ使えるNIC

mini PCIeから2ポートの「1Gb SFP+」か「1000Base-T」を出せるIntelチップ採用の増設カード。
NUC向け?

NVMeメモリをメインメモリとして認識させるvSMP MemoryONEはIntel Memory Drive TechnologyとWD Ultrastar Memoryで使われている

NVMeメモリをメインメモリとして認識させるScaleMP社の「vSMP MemoryONE」はIntel Memory Drive TechnologyとWD Ultrastar Memoryで使われている