BlandXという15.6インチのタッチパネル/バッテリーありのモニタ

アメリカ/ヨーロッパの人はあまり本を読まない

Amazon Kindleに限らないけど、海外の電子書籍端末のスペックみると、「1日30分の読書」に類することが結構書かれてたりする。

txtr beagleなんてやつは「バッテリー寿命は1年以上、ただし1年につき12~15冊の本を読む想定」なんて書いてあった。

で、出てきた当初のKindleとKoboなんて、100冊とか入れるとかなり使いづらい感じで、1回読んだら基本2度と読むことはない、という想定なのかな?と感じたものでした。

で、今回リリースされたKindle Oasisでも相変わらずの記述が・・・

Nintendo Switchの自前液晶修理が可能に

Nintendo Switchの液晶とタッチパネルの修理用パーツが出回るようになってきました。

これで補償切れでも画面割れ修理が可能に

Oculus Questのレンタルが可能らしい

RentioというサイトでOculus Go(7泊8日3980円)Qculus Quest(7泊8日6980円)のレンタルができるらしい。

AcerのWindows MRヘッドセットもレンタル可能とか。(VR Windows Mixed Realityヘッドセット AH101 3泊4日4980円)

ゲームボーイ風のラズパイZeroケースRetroflag GPi CASE

OSVRが中古1万円以下で買えるけど現代ではゴミらしい

秋葉原のじゃんぱら2号店でOSVRが複数台9千円で売ってた。

しかし、OSVRは手の動きとかを反映させるためのデバイスがないため、6DoFにするためには別途3万円弱のNOLO VRなどを用意する必要がある。

また、SteamVRへの対応具合も微妙なので、いまさら買うものではないとのこと

DASUNGの高速表示可能な13.3インチE-InkディスプレイPaperlike ProとPaperlike HD

Ryzen3 2200G と Radeon RX470を共存させようとした(失敗→解決


2019/07/17追加

この件ですが、マザーボードのBIOS設定の問題でした。

ここの「IGFX Multi-Monitor」を「HybridGraphics」にした場合のみ使用できました。

持ち運びやすそうな廉価プロジェクター

子ども部屋で使う用、という触れ込みの廉価プロジェクター

解像度は低そうなんだけど、商品説明に「USB、TFカード(TransFlash/microSDカード)」って書いてあるということは、このプロジェクター単体での動画再生もサポートしてるんだろうか?

2019/04/09のセールで若干安くなっているお店があったので内容みたら、もっとちゃんと載ってた。