QNAP Hybrid Mountを使うとOneDriveやAmazon S3をローカルNASとして使える

オブジェクトストレージも対応というけど、ファイルへのマッピングはQNAP がやってくれるのかな?

ムームーDNSのエントリ削除がわかりにくい

ムームードメインで取得しているドメインのDNSサーバをムームーDNSのカスタム設定でやっている。

この度、サーバ変更に伴う整理で不要になったエントリを削除しようとしたら分からない

画像

削除できるような感じの操作が見当たらない。

ヘルプを見ても書いてないのでぐぐってみたら「ムームードメインでサブドメイン用の種別Aレコードを削除する方法(カスタム設定のセットアップ情報変更)」というのを発見

消したいエントリの行を下記の様に変更して保存すればいい、とのこと

画像

そんな馬鹿な・・・と思いつつやってみると確かに消えた。

というかヘルプにかいとけよ。

AWS障害のログ

LINE/WhatsAppみたいなものを自前でやるKontalk

「https://github.com/Kickball/awesome-selfhosted」にあるOSSでいろんなサービスを実装するための一覧を見ていたら、WhatsApp代替としてKontalkなるものが紹介されていた。

ただ、こいつ、電話番号をIDとして使うようなのがちょっと微妙感

Reality Liveをstreamlinkで見る

林檎様がRealityでこっそり配信しているとかいうので、気になって調べて見た。

最初、Android/iOSアプリからじゃないと視聴できないと思っていたのだが、twitterを検索すると、いくつか配信URLが投稿されている。

どうやら配信者がURLを投稿した場合は、PCブラウザからでも視聴できるようだ。

とりあえずPowerShellでコンテンツ取得して必要なURLを取り出し、streamlinkに食わせるというPowerShellを組んだ。

ただ、元となる配信URLをどうやって取得するのかが一般化できないので、とりあえず未公開。

showroomの配信はどこからやってくるか?

通称バーチャル蠱毒のAVATER2.0 極の九条林檎様をきっかけに、いまのところ結目ゆい&白乃クロミの3人をベースにいろいろ視聴している。

で、先週からshowroomでバーチャルジャニーズの配信が始まったのだが、初日は来場6万に耐えきれずトラブルが起きてた。

そこからいろいろ対応されてみたみたなんだけど、昨日また環境が変わったようで、他の配信者がなんかよく音が途切れる、という話をしていたので、どういったサーバからデータ来てるのかな?と見てみた。

まず、メインとなるのはwww.showroom-live.com。ここから各配信ページに飛ぶと、「映像と音声はts+m3uファイル」「アイコン画像」「コメントやギフト」の3種類のデータに分かれる

映像と音声系は「edge-???.showroom-live.com」というホスト名からやってきている。たぶん、showroom用の占有サーバなのかな?という感じ。負荷が想像以上高くなっても分散できるのかな?

ただ、バーチャルジャニーズ来場者6万人の時、映像と音声は特に問題なく動いていたので、案外大丈夫そう

アイコン画像とかは「http://image.showroom-live.com 」というホスト名でこれはさらに「http://image.showroom-live.com.cdn-dena.com 」という名前になったあとAkamaiのCDNサービス上にある「~.akamaiedge.net 」になっている。こちらは、Akamai様におまかせなので、負荷が高くなってもたぶん大丈夫。

コメントやギフト関連はWebSocketで隠蔽されているところがあるので、いまいち実態がみえにくい。6万人の時は、ここのシステムのバックエンドキューが詰まったらしく、10分ほどコメントが止まっていたりした。10分後、それまでに送信されたコメントやギフトが全部反映されたので、サーバやプロセスが死んだわけではなかったようだ。

で、昨日あたりからは、バーチャルジャニーズの配信だけ、tsデータが「hls-cdn??-showroom.cdn-dena.com」というホスト名からやってくるようになって、その実態はAmazon CloudFont上の「~.cloudfront.net」となっていた。

Amazonのサービスに載せたので、おそらく負荷に応じてサーバが自動的に増えたり減ったりするのだろうと思われる。