お花茶屋方面に歩いてみた

Gulikit Elves Pro というBluetoothコントローラは動作モード表示付き

WindowsのD-input/X-input、Android、iOS、Switch向けのモードで動作しているかを表示するLED付きのコントローラ

マクロ登録できるやつもある

HUIONから沈み込みが少ないペンPW517採用のKamvas22とKamvas22Plusが登場

PW517という新型ペン採用のHUION液晶タブレットはこれで全3機種になった模様。

CHANEVE WR841Tが$66.74

ちなみに「CHANEVE WR832というLTE回線を8つ束ねて使うルータ」というのもある。

Nottaという文字おこし&翻訳アプリ

makuakeにてLangogo Summitというクラウドファンディングが始まった

どんなものか調べて見ると、ソフトウェア部分NottaはWeb経由でもつかえ、もちろんiOS用アプリAndroidアプリが出ている汎用のアプリケーションを利用しているようだ。

この専用端末を使う利点としてはマイクが4つついてて集音に特化している、という点ぐらいのようである。

専用端末使っても、音声→文字の動作にはネットワーク接続が必要なようなので、ちょっと微妙感…

まずは、パソコンで再生したyoutube動画の音声をスマホ上で起動しているNottaに読み込ませてどうなるか検証…

十分そうではある。

TASCAMの4チャンネル録音のDR-40Xとか、2チャンネル録音のDR-07XやDR-05で録音したものをあぷりにくわせても良さそうな感じで…

どんなときもWiFiについてつぶやいたらねとらぼに利用されてた

記事みたら自分のツイートがあってびっくりした

5Gモジュールが使えるというZBT WG1608-5Gというルーター