HUION Kamvas Studio 22という液タブ一体型パソコン

残念ながらペンの世代はKamvas 13で初採用のPW517ではなく、従来通りのPW500と旧世代だった。

新型ペンを採用したHUION Kamvas 13登場

すでに出ているKamvas Pro 13とは別に「Kamvas 13」というものが登場

ペン先の構造を変えたものを採用しているので、従来の沈み込み具合がだいぶ変わっていそう。


2020/04/22追記

Amazonでも販売が始まっていた

なぞの小型タブレット

スマホと並べているので、一瞬スマホで使えそうに見えるんだけど、実際はWindowsパソコンにUSBワイヤレス接続して使う、というやつだった。

ugeeという中華ペンタブメーカの技術を採用しているっぽい。

Bamboo Inkの第1世代と第2世代の差とは?

DELLタブレット用にBamboo Ink第1世代を買ってもっているわけなんだけど、この度発売されたBamboo Ink第2世代だと何が違うのかがよく分からない・・・

たぶん構造が安くなった、というだけっぽいけど・・・

あとBamboo Ink第1世代も型番「CS321AK」と型番「CS321A1K0C」があるようだ・・・いったいどのような違いがあるのか・・・

HUIONのペンタブレットがAndroid 6.0以降で使えるらしい

HUIONのペンタブレットHS64の紹介を見ていたら、Android 6.0以降ならUSB OTG接続で使えるという記述を発見。

筆圧関連とかどうなってるんだろうか?

中華液タブメーカXP-Penから15.6インチモデルArtist16登場。$569.99

中華液タブメーカXP-Penから15.6インチモデルArtist16登場、AliexpressにあるXP-Pen公式ショップにて販売開始となった。

2017/02/16 23:30現在、XP-Pen公式ページに製品紹介は見当たらない。
しかし、なぜか、「User Manual Download」には「Graphic Pen Display Artist 16 Manual」が存在している。

基本スペック的には、HUIONの15.6インチ液タブ GT-156HDとほぼ同じ。
ディスプレイインタフェースはHDMIのみというのもそう。

GT-156HDでは、薄さ、軽さを優先したようなスタンドですが、Artist 16では、18インチ液タブなどで採用しているものと同じ丈夫なスタンドを採用している、というところが違う感じでしょうか。

現状はAmazonにあるXP-Pen公式ではまだ取り扱ってないようですが、すぐに買えるようになるとは思います。

Cube MIX Plusはワコム採用の液タブで$413.24

中華パソコン/タブレットメーカの「酷比魔方(Cube)」。
以前はCube iWork11 Stylusというワコム技術採用のWindowsタブレットを出していた。

で・・・CPUとかいろいろ変わった新製品が出ていた
Cube MIX Plus

CPU Core M3-7Y30
RAM 4GB
ストレージ 128GB
10.6インチ 1920×1080

Aliexpressにある「So Cube Official Store」では
ペン無し$379.99、ペン(CEP01)とセットで$413.24」で販売中

Gearbestでは、ペン無し$379.99で販売中
ただ・・・Gearbestだと、MIX Plusで使えるペンは「CEP02」であるといってるのが謎

CEP01は、Cube iWork11 stylusでも使われていたワコムタブ用ペンなのだが、CEP02の方は、違うはずなので・・・


で・・・Aliexpressのストアでは、追加5ドルで日本語配列のキーボードを出せるよ、と言ってるのだが、肝心の配列サンプル画像がない
現在問い合わせ中