OSVRが中古1万円以下で買えるけど現代ではゴミらしい

秋葉原のじゃんぱら2号店でOSVRが複数台9千円で売ってた。

しかし、OSVRは手の動きとかを反映させるためのデバイスがないため、6DoFにするためには別途3万円弱のNOLO VRなどを用意する必要がある。

また、SteamVRへの対応具合も微妙なので、いまさら買うものではないとのこと

DASUNGの高速表示可能な13.3インチE-InkディスプレイPaperlike ProとPaperlike HD

Ryzen3 2200G と Radeon RX470を共存させようとした(失敗

持ち運びやすそうな廉価プロジェクター

子ども部屋で使う用、という触れ込みの廉価プロジェクター

解像度は低そうなんだけど、商品説明に「USB、TFカード(TransFlash/microSDカード)」って書いてあるということは、このプロジェクター単体での動画再生もサポートしてるんだろうか?

2019/04/09のセールで若干安くなっているお店があったので内容みたら、もっとちゃんと載ってた。

T-bao T15Aという15.6インチのモバイル液晶

samsung/hauweiスマホをノートパソコン風に使える様にするNexdock2

$399の10.3インチ/Android/LTE/ワコムペン対応のOGadget E-Padは舶来モバイル的案件?

OGadgetという会社から「E-Pad」という10.3インチのE-Inkを積み、ワコムのペンで文字を書け、4G LTEでネットワーク接続も可能、と称するものを、3月26日Kickstarterでクラウドファンディングする、らしい。

事前にメールアドレスを登録すれば「Super Early Bird Price」として「$399」になるという。

ただ、現状で、「10.3インチのE-Ink」と普通のAndroidタブレットをどんなに安く見積もっても$400をきるのですらおかしな価格なのに、さらに4G LTE接続で+100ドル、ワコムペン対応で+200ドルぐらいのものがついて、$399って、あり得ない・・・

バッテリーが1週間持つ。使わない状態だったら4週間持つ。と、Android端末にもかかわらず称するものおかしい。

スペックもおっかしいなぁ、という感じしかない。

Odgadgetのトップページを見てみると・・・

他のベンダによるクラウドファンディング商品ばかり・・・

もしかして、コレって、海外の舶来モバイル/ヴェルテ案件ですかね?

無理矢理VR環境を作るメモ

NOLO CV1関連のメモ

オープンソースでGearVRやOculus Goをパソコン用のVR機器として繋ぐソフトウェアALVR「 https://github.com/polygraphene/ALVR」

オープンソースでNOLO CV1で取得した情報をALVRに流す為のドライバ「https://github.com/tokoro10g/NOLOALVRDriver」とそのネタ元となった「Oculus GoとALVRとNOLO-CV1でSteam VR Gameを遊ぶ