ゲーム機能がついたモバイルバッテリー

ずっと1.5Vを供給できる単3充電池 KENTLI

普通の単3形の充電池は1.2Vぐらいを供給できるようなものになっている。

しかし、1.5Vをずっと供給できる、とうたっている充電池があるのを見かけた。

商品説明をよく見てみると、3.7Vのリチウムイオン電池と、3.7Vから1.5Vに降圧する基板を単3電池の中に入れているという商品だった。

このため、充電は通常の1.2V用の機材では行えないので、専用充電器とセットで販売している。

面白そうではあるんだけど、普通の充電器で充電してしまった場合の動作、専用充電器で普通のバッテリーを充電してしまった場合の動作がどうなるのか怖くてなかなか踏み切れない感


Cheero power plus4を買った

USB PD対応バッテリーのcheero Power Plus 4と謎の45W対応バッテリー

USB PD 18W対応のバッテリーとして「cheero Power Plus 4」が発売されたようだ。

DC 5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5Aに対応しているとのこと・・・
12V/1.5Aって、USB PDの規格から抜けたやつだけど、いいのかな?

まぁ、ともかくAmazonと楽天のメーカーショップで発売記念価格で販売中。

Amazonだと3100円

楽天だと3200円だけど、ポイントが322ポイントつく

Amazonの商品ページに他のプロダクトが比較で並んでいるんですが、気になるものが1つ・・・

USB PD 45Wまで対応するバッテリーが5699円とのこと。
5V/3A、9V/3A,12V/2.5A、15V/2.5A、20V/2.25A対応ってなかなかなのでは?

8000mAhのバッテリーが3個セットで9千円

Justsystemで8000mAhのバッテリーが3個セットで9千円という価格。
バッテリー自体に充電用ケーブルが組み込まれているという仕様は面白いが
そもそも3個も必要になる人は少ないよねぇ・・・

全世界対応コンセントタップ付きUSBモバイルバッテリー

3000mAhしかないのに$17.91って、いまどき高いモバイルバッテリーがあるなぁ、と思ってよく見たら付加機能がついてた

・USB電源アダプタあり
 → つまりは、コンセントにさして、充電する機能が付いてる
・2ポートのUSBコネクタあり
 → コンセントにささなくても、3000mAhのバッテリーをつんでるのでいつでもスマホ充電可能
・各国のコンセントにさせる
 → ワールドワイドに対応できるコンセントを持っている
  使わない時はコンセントをしまえるので省スペース
・各国対応のタップつき
 → この機械をつかってコンセント変換をすることができる
・分解図みると、中身は18650充電池1本な模様
 → 充電池の質が不安なら、自分で入れ替えできるのかも?

なかなか興味深いなぁ、と思った次第で