Necunos NC_1とNE_1

Linux系オープンソースの携帯、Necunos社のNecunos NC_1というのがかえるようになった。

ただ、WiFiのみで、1199ユーロと結構なお値段が・・・

外で使うには、NE_1を待つ必要がある模様。

なお、サポートOSは「Plasma Mobile on Debian」「Plasma Mobile on postmarketOS」「Maemo Leste」「Nemo Mobile」「LuneOS」となっている。

LapdockというクラウドファンディングとMeegopadのLaptop Shell

ちなみに1年前に似たようなコンセプトのMirabookというのもあったけど・・・

そして、クラウドファンディングの製品名の「Lapdock」ってモトローラの商標という問題点も

どうなるのかなぁ?と観察していたら、最近aliexpressのMeegopadストアに見たことある画像が・・・

Meegopadストアの説明によればODM製造するよとのこと・・・

14インチバージョンの液晶止めてるシールとか、同じ感じだし、出所同じっぽいなぁ・・・

Xiaomi Mi4でProject Treble

Xiaomi Mi4でProject Trebleを使えるようにする手法を発見。

とりあえず、やってみたものの、起動時にエラーダイアログが出る点が気になる・・・あと、32bitのarmのみ対応なので、使えるGSIの選択が少ない。

Android 9/PieのGSIイメージを入れようとしたところ容量オーバーでインストールできない、とか・・・残念

Elephone A4 ProはVanzo(凡卓通讯)製造っぽい

Elephone A4 Pro、設定画面で確認すると機種名が「Vanzo A4_Pro」となっている。
Vanzotec(凡卓通讯)」というところがGMS認証を取るところまでやってるようだ。

Elephone A4 Proのメモ

Elephone A4 Proが届いたのでそのメモ

怪しげなPOPTEL P10という中華防水スマホでもGoogle Playストアサポート端末に入っている

怪しげなPOPTEL P10という中華防水スマホでもGoogle Playストアサポート端末に入っている

Gemini PDAの新バージョンCosmo Communicatorは来年5月予定

Gemini PDAの新バージョンCosmo Communicatorが発表された。
今回は閉じたい状態での通話をしやすくする改良が加えられている。

LTE搭載バージョンのみに絞っているものの値段帯が若干上昇してしまっているのが少し残念。

DOOGEE S80という防水ワイヤレス充電+400MHz無線機のスマホ

DOOGEEから防水ワイヤレス充電スマホのDOOGEE S70というのが発売されていたが、それとほぼ同じながら400MHz帯無線機も内蔵させたDOOGEE S80なんてものが登場した。

無線機用アンテナは取り外し可能なようだが、ど真ん中にどーんと立ってるのがなんとも

E-InkのAndroidベース端末のクラウドファンディングLight Phone 2

ドコモから KY-01L が気になる今日この頃、実は8月に似たような端末がクラウドファンディングをしていたらしい。
Light Phone 2
2019年4月予定で$300。
サイズ感はほぼ同じで、厚さが違う。
たぶん、バッテリー容量の違いがこの差になっているのではないかと思われる。

Comment見ると、KY-01Lに触れてる人もいて、次のUpdateではLight Phone 2の実機をもっと出してくよ、とか言ってる

/e/はもともとeeloという名前だった

Google成分を完全に抜いた/e/
kickstarterでクラウドファンディングしたときは「eelo」という名前だった。
2018年7月に商標トラブルがあり、/e/という名前に変えたようだ。