Pinebook ProにはChromium OSが入れられる

2019/7/25から前売り販売予定のRockchip SoC搭載のPinebook ProでChrome OSのOSS版Chromium OSが動くようになったらしい。

Chromium OSは「 https://github.com/ayufan-rock64/chromiumos-build/releases/ 」から入手できる。Pinebook ProとRockPro64の両方で動作するとのこと。

CHUWI LapBook PlusはM2スロットが2個つきという謎構造

↓は「M2スロットが4個」という謎表記にしてしまってますが、2個です

エレコムの東芝19Vノート向けのスリム電源が540円

送料別途かかるとはいえ、540円とはびっくりです。


送料込みだと864円


USB Type-C 20Vから各種ノートパソコン用の電源を作り出すアダプタ

USB Type-Cは20Vを出せる設定もある。

これを利用してDELL/hp/Lenovo/東芝Dynabook/富士通などの各社ノートパソコン用の電源として使うためのアダプターというのが安く出てきた。

なお、以下は基板入っているわけないだろうし、爆死するミライしか見えません。

Pine64から新製品ラッシュ

2月2日と3日にブリュッセルで「FOSDEM’19」というイベントが開催される。

FOSDEMとは「Free and Open Source Software Developers’ European Meeting」でヨーロッパのオープンソース系の人達が集まるイベントで、ソフトウェアの人、ハードウェアの人など、いろいろな講演も開かれている。RISC-Vの枠もいろいろある。

で、Pine64も出展しており、まず、どんなものを公開するのか、という予告が公開された→「PINE64 Community Stall at FOSDEM 2019

個人的には、Rockchip RK3399搭載のPineBook ProとAllwinner S3LのIPカメラが注目どころ。

PinePhone DevKitは、実質持ち運び困難なので、ちょっと・・・

LapdockというクラウドファンディングとMeegopadのLaptop Shell

ちなみに1年前に似たようなコンセプトのMirabookというのもあったけど・・・

そして、クラウドファンディングの製品名の「Lapdock」ってモトローラの商標という問題点も

どうなるのかなぁ?と観察していたら、最近aliexpressのMeegopadストアに見たことある画像が・・・

Meegopadストアの説明によればODM製造するよとのこと・・・

14インチバージョンの液晶止めてるシールとか、同じ感じだし、出所同じっぽいなぁ・・・


2019/01/30追記

Lapdockはあと3日になったものの達成度は3%(25人)。

Mirabookの方は情報更新したものの、あまり芳しくない雰囲気で・・・

ちょっと不安なクラウドファンディングLapdock

ノートパソコン風の筐体だけど、コンピューティング部分は内蔵しておらず、他のもの、例えばスマホなどを使う、というプロダクトとして、モトローラのLapdockを始めとして、ちらほら出ている。

ラズパイを内蔵できる筐体というのもあったりと、バリエーションに富んではいるものの、3万円ぐらいと、中身が入っているWindows PCと同じぐらいの値段だったりもする。

そこに、100ドル台というLapdockというクラウドファンディングが登場・・・

ただ、まず、この名称Lapdockというのはモトローラの商標なのに大丈夫なのか、とか、一緒にクラウドファンディングのメニューに載せてるスモールボード群がその機能でその値段って、どこのを使うの?とか、怖い点が多すぎるという・・・

う~ん・・・捨てるつもりで投入するか悩むなぁ・・・


2019/01/04追記

おそらく同じものがMeegopadというところから190ドルで販売されているのを発見。