鉢植えの地中温度と湿度を測定できるESP32が15.49ドル

BPIのMT6737M搭載の腕時計の基板

BPIのフォーラムにMediaTek MT6373M搭載の腕時計用基板が公開されていた。
China Mobile向けの認証は通っているらしい。

M5stack

12月中旬から販売されているESP32モジュール搭載のM5stack
3月になって、日本でもいろんな作例が増えてきたようで・・・

ESP32搭載の液晶・バッテリー・操作パネルモジュール

いまは41ドルと89.9ドルになってしまいましたけど…

Anker版Amazon Echo dotみたいなEufy Genie

Amazon Alexaを使った商品はいろいろ開発できるので、Ankerからも製品が出た

が・・・Amazon Echo dotとの違いがわからない・・・
4980円だけど、2018/01/16時点では1500円割引で3480円で販売中

Allwinner R18を使用したAmazon Echo見たいのを作るための開発キット

Allwinner R18を使用したAmazon Echo見たいのを作るための開発キットというのを、Banana-Piで取り扱うそうです。

ただ、Allwinnerの資料を斜め読みすると、Allwinner R18じゃないとダメ、ってあったんだけど、
なんで、Allwinner A64やAllwinner H6+ではダメなのかが分からなかった・・・
(Allwinner H5は、Allwinner H3とピン互換にするために機能が結構削られてる)

IngenicのXburstコア向けにLinux kernel 4.4.93がでた

MIPS32ベースのXburstコアを使った製品を作っているIngenic
2014年初頭ぐらいは、MIPS64ベースのXBurst2を作ってるよ、という告知を出したこともありますが、そちらはそれ以降音沙汰無し。
延々とXBurstコアを使い回してる感じ。

最近はカメラやウェアラブル端末などのIoT機器向けでXBurst製品を売り込んでいる模様。
とはいえ、いままではLinux Kernel 3.10ベースのものだけでした。

ようやくLinux kernel 4.x向けのリリースが始まったようです。

X1000 Kernel 4.4.93 Linux V1.0版本发布

とはいえ、開発推奨環境がUbuntu 14.04 64bitとあったりするのが、ちょっと古めなのが難点・・・
LTSなので2019年4月までサポートはありますけど・・・

パソコンと連携できる赤外線学習リモコンが16ドル

パソコンと連携できる赤外線学習リモコンを発見。
パソコンのUSBコネクタにさしてパソコンに直接制御させるやつ、iPhoneにつなげるやつ、Androidにつなげるやつといろいろ出していた。
とりあえず輸入中

Alexa対応のコンセント制御機器Koogeek

aliexpressの11.11セール見てたら、Alexa対応のコンセント制御機器を発見

Amazonを探してみると、あった。

で、できはどうかわかりませんが、もっと安いのもあった。

GSMで現在位置を報告するmicro USBケーブル(を偽装した通信機器

一見するとただのmicro USBケーブル。
もちろん充電もできる。

しかし、コネクタの太い部分にはSIMスロットが隠されており、GSMの携帯電話機能が入っていて、その電話番号にSMSでメッセージを送ると、現在位置を報告してくれるというものが売っているらしい。
GSMなので日本では使っても意味がないですけどね