双方向測定可能なUSB Type-C電圧電流計RD TC66C登場

年末にtwitterでの試験動画公開、1月に発表されていたTC66/TC66Cがようやく販売開始になった。(「Type-Cの双方向電圧電流計RD TC66の発売予告が来た」)

前モデルのRD TC64は片方向測定のみパソコン連携無しでしたが、RD TC66/TC66Cは双方向&連携ありなのでちょっと値上がりですね。(「USB Type-C用の電圧電流計RD TC64」)

18650充電池をUPSにするラズパイ用基板とケースがセットで$65.99

QC2.0やUSB Type-C電源から指定の電圧を引き出す基板

QC2.0やUSB Type-Cをサポートしている電源はデバイス側が要求する5V/9V/12V/15V/20Vといった電圧を出せる機能がある。

これを利用して、基板側が何Vくれ、という申請を出すことで、欲しい電圧を取り出せるようにする、という基板がいくつかある。

何A出せるか、というのは電源側の仕様依存になる。

ゲーム機能がついたモバイルバッテリー

ずっと1.5Vを供給できる単3充電池 KENTLI

普通の単3形の充電池は1.2Vぐらいを供給できるようなものになっている。

しかし、1.5Vをずっと供給できる、とうたっている充電池があるのを見かけた。

商品説明をよく見てみると、3.7Vのリチウムイオン電池と、3.7Vから1.5Vに降圧する基板を単3電池の中に入れているという商品だった。

このため、充電は通常の1.2V用の機材では行えないので、専用充電器とセットで販売している。

面白そうではあるんだけど、普通の充電器で充電してしまった場合の動作、専用充電器で普通のバッテリーを充電してしまった場合の動作がどうなるのか怖くてなかなか踏み切れない感

Type-Cの双方向電圧電流計RD TC66の発売予告が来た

うちで活躍中のType-C RD TC64。これは片方向のみの測定のみ。

年末にRDの公式twitterが開発中動画を公開してから楽しみにしていた双方向測定対応版がaliexpress shopに登場。

なんで双方向が重要なのかといえば、Type-CだとUSB PD設定で給電だったり送電だったり切り替わるので、どっちに電流が流れているのかが確認したいのですよ。

発売が楽しみな一品です。